お気に入りに追加@山ちゃん

ホリデイ・トレッキング・クラブ

旅先にて 2024.5.24

驫木駅(青森、五能線)

「青春18きっぷ」宣伝ポスター(2002年春版)にも登場する、あこがれの五能線の無人駅、驫木(とどろき)駅(1934年、昭和9年開設)を訪ねました。


食いしん坊万歳! 2024.5.23

「舞とろろ昆布」で舞い上がる


創業は対象15年(1926年)の海鮮物問屋、小松冨之助商店(秋田県横手市)の秋田県内限定発売の「舞とろろ」です。

ソフトクリーム 2024.05.22

東洋一の海岸線にある男鹿のレストランの「もろそふ」

昭和5年創業の諸井醸造(男鹿市船川港船川)さんの醤油を使用したソフトクリームです。ぎばさ丼のあとの口福なひと時です。


食いしん坊万歳! 2024.5.21

東洋一の海岸線にある男鹿のレストランのぎばさ丼


秋田での昼飯は、道の駅「おが」「オガーレ」内の長い名前のレストラン「東洋一の海岸線にある男鹿のレストラン」で、男鹿産ギバサ丼としました。

温泉 2024.5.20

道の駅象潟「ねむの丘」の展望温泉「眺海の湯」

象潟(きさかた)も久々ですが、この道の駅(秋田県にかほ市象潟町)は初めてです。


食いしん坊万歳! 2024.5.19

彩(あや)もち(酒田)


酒田の農産物直売所「みどりの里 山居館」の黒豆もちです。

食いしん坊万歳! 2024.5.18

村上での宴


ブログ報告の順番が前後しますが、車中泊の旅先での食事風景も紹介していきます。
金沢組との合流初日の村上の晩飯です。

旅先にて 2024.5.17

中嶋記念図書館

2022年7月に石川県立図書館が新しくオープンした際、その写真を見てあれっ?っと思った方が私同様いたと思います。秋田の国際教養大学の中嶋記念図書館とそっくりだったからです。


旅先にて 2024.5.16

鳥海山に魅せられて

鳥海山は2度ほど登りましたが、今回は車を走らせながら各地からの眺めに魅せられました。


旅先にて 2024.5.15

名物グリーンストアさんのフルーツサンドにありつけず

山形県遊佐出身のある看護師さんに勧められた名店を求め、酒田から遊佐を目指しました。


納豆 2024.5.14

酒田納豆

庄内で長年愛されています(創業二百余年の1788年)加藤敬太郎商店さんの国内産大豆を使用した中粒納豆で、水は良質な十里塚の水を使用だそうです。


文化麺類学 2023.5.13

酒田の人気ワンタン店「満月 本店」と山居倉庫

相変わらずの人気ぶりで並ぶことを覚悟にランチに選択しました。


食いしん坊万歳! 2024.5.12

デイリーヤマザキ 酒田十里塚店


村上から笹川流れを北上し加茂水族館や湯野浜温泉を通り過ごし酒田市街地に入る手前で立ち寄りました。これでご当地焼き印7か所目になりました。

食いしん坊万歳! 2024.5.11

菅原鮮魚店の宗八ガレイ

村上から笹川流れを北上しほぼ7年半ぶりとなる菅原鮮魚店さん(新潟県村上市寝屋)を訪れました。目当てはもちろんタコの足です。しかし


食いしん坊万歳! 2024.5.10

デイリーヤマザキあんぱん焼印(村上泉町店)

デイリーヤマザキさんのホイップあんパン焼き印収集の旅(第6ケ所目)、新潟では初めてのめぐり合いは村上市内となりました。


牛乳・ヨーグルト 2024.5.9

ヤマラク牛乳

長井市の萬寿屋本舗さんを目指す前に赤湯温泉「湯こっこ」でひと風呂浴びていきました。そこの自動販売機のヤマラク牛乳で、


文化麺類学 2023.5.8

もやしあんかけラーメン(山形県小国の愛子)

1月に訪れた小国町の「愛子」さんですが、今回は人気メニューの「もやしあんかけラーメン」を頂きに立ち寄ってきました。


食いしん坊万歳! 2024.5.7

萬寿屋本舗(山形県長井市)のだんご

4月26日(金)の夜から東北をぐるりと周遊する車中泊の度に出かけました。今回の旅で利用した高速道路はこの初日のみ(夜間割引適用)で、あとは全て一般道の旅でした。移動日を除いた事実上の旅の初日は長井市の和菓子屋さんです。


ソフトクリーム 2024.04.23

蔵出し焼き芋「かいつか」のソフトクリーム

さつまいもの農業産出額が全国第1位(栽培面積・生産量でも、全国第2位)の茨城県ですが、そんな茨城を拠点に(本店はかすみがうら市大和田)さつまいものスイーツを販売する「かいつか」さんの紫芋のソフトクリームです


食いしん坊万歳! 2024.4.22

食いしん坊も大満足の土浦魚市場

4月の小さな旅、城廻りの師匠とのランチに選んだのは土浦魚市場です。


食いしん坊万歳! 2024.4.14

そば処「寿々喜」の穴子天丼

先日紹介した「寿々喜」ですが、今回は夜でなくランチで再訪。次回は是非と狙っていた名物の穴子天丼をいただいてきました。


食いしん坊万歳! 2024.4.13

これも春 アンパン求めて 一人旅

春本番の陽気となった土曜の昼下がり、久々に一人のんびり過ごせる時間にふと例のヤマザキのアンパン焼き印巡りを思い立ち、千葉の市川や船橋のデイリーホット4店舗を巡ってみました。


銭湯 2024.04.08

テルマエ展スタンプラリー

東京都浴場組合とパナソニック汐留美術館のコラボ「テルマエ展スタンプラリー」で、さっそく2つの浴場印を集め、美術展を鑑賞してきました。休日ということもあり結構にぎわっていましたね。


銭湯 2024.04.04

「わたしは銭湯ペンキ絵師」田中みずき

江戸川区内の仁岸の湯に置いてあった本書(秀明大学出版会・2021年)を手にしちらりと拝見。すぐにお気に入りに追加となり購入に至りました。


文化麺類学 2023.4.3

寿々喜そば(葛飾区細田)

息子家族の新居周辺の食いしん坊処をいくつか紹介していますが、今回は蕎麦屋さんです。


食いしん坊万歳! 2024.4.1

デイリーヤマザキあんぱん焼印(松戸六実店)

デイリーヤマザキさんのデイリーホット店舗の地域限定焼印入りのあんぱん、当ブログ第4弾は千葉県の松戸六実店です。


旅先にて 2024.3.26

杉沢の沢スギ(入善町)

朝日町から入善へ移動し、訪ねたのが國指定天然記念物の杉林です。通常山で見かける杉林ですが、ここは海岸沿いにあり、国内では珍しい平地のスギ林になります。


書籍・出版物 2024.3.19

「天路の旅人」沢木耕太郎(新潮社)

2022年の発売以来、読んでみたい本リストに揚げていた単行本ですが、ようやくタイミングに恵まれ耽読させていただきました。


芸能・音楽 2024.3.6

川は流れる(仲宗根美樹)

青春時代に流行した歌で、今でも歌詞がすらすらと出てくる歌が、誰しも幾つかあると思います。


文化・芸術・民俗 2024.3.2

「花と竜」(日活、1962年、監督・舛田利雄)

先のブログの通り中村哲の叔父にあたる火野葦平原作の映画化・日活版をアマゾン・プライムで鑑賞しました。


その他 2024.2.29

将軍珈琲(サザコーヒー)

先日、小美玉のAtelier Petit Boisで頂いたコーヒーが美味しかったので取り寄せてみました。


文化・芸術・民俗 2024.1.29

東洋文庫ミュージアム

1月11日付け東京新聞に紹介されていた(司書記者の旅をする本棚)文京区の公益財団法人のミュージアムに行ってました。


文化・芸術・民俗 2023.12.03

神楽と利休饅頭と鮟鱇の肝缶詰

ひょんなことから石見神楽の鑑賞へ浅草公会堂へ。


道具や物・愛用品 2023.7.7

12年ぶりに(竹糸)たけしくんを新調しました

12年前から愛用しておりますアームカバーですが長く使ってきたものがへたってきたので新調です。

芸能・音楽 2023.5.21

タブレット純の算数問題ネタが論文に登場していました!

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」で初めてタブレット純という芸人を知って以降、すっかり彼のファンになっていますが、先日、YouTubeをうろついていたら、すっかり感心させられたネタがありました。


吞兵衛万歳! 2023.4.7

北雪・金星カップ

冬の新潟、スキーや温泉地を除けば観光のオフシーズンとも言えますが、そんな冬の新潟、特に冬の佐渡観光を振興するための、JR東日本さんのモニター企画に25年ほど前に参加したことがありました。


BACKNUMBER






2024.5.18
村上での宴
 




2024.5.14
酒田納豆
 


2024.5.12
デイリーヤマザキ 酒田十里塚店
 


2024.5.10
デイリーヤマザキあんぱん焼印(村上泉町店)
 

2024.5.9
ヤマラク牛乳
 


2024.5.7
萬寿屋本舗(山形県長井市)のだんご



2024.4.14
そば処「寿々喜」の穴子天丼
 

2024.4.13
これも春 アンパン求めて 一人旅
 




BACKNUMBER